[建築トラブルの交渉サポート事例]2

現況

ALC下地の壁に、タイルが貼られています。
タイルとサッシの納まりを見ると、サッシに接するまでタイルが貼り込んでいます。
下地のALCとサッシの取り合い部分には、シールが打たれています。

問題点

タイルとサッシの取り合い部分にシール処理がされていません。

解説

外壁にタイルを貼る場合は、下地とサッシの取り合い部分に1回、タイルとサッシの取り合い部分にさらにもう1回シール処理をするのが標準とされています。現況では、タイルとサッシがくっついてしまっているので2回目のシールの打ちしろがありません。将来、奥のシールの打ち替えも出来ません。